うつ病を理解してうつ病の方を支えてあげよう|一生に一度はかかる

喜び

しっかり治そう

マイナス思考が止まらないうつ

生きていれば嫌なこともありますし、嫌なことがあるからこそ幸せを感じることが出来るとも言われています。しかし、幸せを感じることが出来ない人はどうしたら良いのでしょうか。人生悪い事や嫌なことばかりで生きている意味がないと感じてしまうでしょう。これがうつ病の症状でもあるのです。 精神障害をきたしてしまっていますから、幸せを感じることが出来ずに人生すべてマイナスな方向に考えてしまうのです。 自力で何とかしようとしたとしても精神障害をきたしてしまっていますから、情緒が不安定になってしまい正常な判断を下せなくなります。そんな時は精神科やクリニックに通ってみてしっかりとした治療を受けることが改善の第一歩になるのです。

自己判断はとても危険

うつ病にある時は自己判断は危険になる時があります。それは精神的に脳に障害をきたしている状態ですから、判断を間違えてしまう可能性があるのです。判断を間違えてしまったとしても従来の精神状態ならば反省することが出来ますし、そこまで落ち込まないかもしれませんが、うつ病になっているときに判断を間違えたと自己否定してしまうと最悪な状況になりかねません。例えば人生を決断するような大きな判断はうつ病の時には見送ったほうが良いと言っても過言ではありません。 今すぐ決断しなくても良い事でもなぜかすぐに決断したくなったりしてしまいます。しかしそれは自分にとってマイナスになることの方が大きいと言えますから、症状が回復するまでは判断を延期したほうが良いかもしれません。

治療にかかる金額の相場はどのくらいか

うつ病の治療には保険が適用されます。 そのため自己負担額というのは、実際にかかった治療費の3割となるのが通常です。 高齢者の場合には、1割となるのも通常通りで変わりません。 ですので3割負担だった場合ならば、一月のうつ病治療費というのは13000〜15000円程度となるのが一般的でしょう。 また、うつ病の場合には自立支援医療を利用する事が可能性です。 これは治療を受ける患者の所得に応じて、治療費の負担をしてくれる制度となっています。 ですのでこの自立支援医療を申し込むことによって、更に治療費を安く済ませることも出来るようになっているのです。 利用した場合の負担額というのは所得によって変わりますが、平均すると一月に1000円程度となります。

これまでの移り変わりとは

うつ病というのは、昔は病気として認められていませんでした。 そのため病気ではなく、やる気の問題として片付けられてしまう事も多く、うつ病患者にとっては辛い状況と言えるものだったのです。 しかし様々な研究が進み、また目覚ましい医学の進歩もあったおかげで病気だということが証明されました。 とはいってもうつ病は病気だと確定された当時というのは、まだまだ世間では認知度は低いものだったのです。 それが徐々に知られるようになるにつれ偏見や誤解もなくなり、周囲からも適切な対応をしてもらえる環境が整い始めました。 また治療についてもその頃から目を見張る進歩がみられ、様々な治療方法や薬が登場してきたのです。 それにより、うつ病を短期間で克服する人も格段に増えてきています。

Menu