うつ病を理解してうつ病の方を支えてあげよう|一生に一度はかかる

喜び

食事を改善しよう

食事でうつ病予防をする

今の世の中で生きていくということはストレスがとても多く、それに合わせて食事時間が不規則になったり、食事内容が偏ってしまったりすることが続くことで心のバランスまで崩してしまうことが少なくありません。 ですから、うつ病を予防するには食事も大切な要因となり、食べることで身体の中から元気を出すことでストレスに負けない心と身体を作ることになります。 そのためには3食をキチンと決まった時間に取ることとゆっくりと噛んで食べることが大切です。 しかし、気分が落ち込んでしまってどうしても食べたくない場合は好きなものや食べたいものを少しだけでも食べてみるというのもうつ病予防となりますので、無理をしない程度に楽しんで食べるのがポイントとなります。

食事による予防のための取り組み

最近はハンバーガーやドーナッツやピザ等、食べたい時に簡単に手に入り いつでも手軽に食べられるためについ夜中にハンバーガーショップに入って食べてしまったり、食事の時間でもないのにドーナッツを買って食べてしまったりする人がとても多くなっていますが、こういったものを中心に食べていると生活習慣病の原因にもなりますし、肥満にもなってしまいます。 それに、うつ病のリスクを高める原因ともなりますので、できるだけ加工されたものよりは果物や野菜を中心に摂取し、健康的な食事を目指すことでうつ病は予防できます。 また、それに合わせて適度な運動をすることでさらにうつ病のリスクが低くなるので、バランスの良い食事と無理がなく続けられる運動を組み合わせるように最近は医療機関でも指導されています。

Menu