うつ病を理解してうつ病の方を支えてあげよう|一生に一度はかかる

喜び

対策を考える

病気からの復帰で快適に過ごすには

うつ病にかかると朝はとても不快なものです。しかし、うつ病の人ばかりでなく、中には病気でなくても不快な感じを抱えたまま目を覚ます人もこのストレス社会の中では多いのではないでしょうか。 しかし、うつ病を克服して職場に復帰した人には決まった時間に起きて食事をし、身支度をして会社に向かうという作業はとても大きなことです。そのため途中で何度も心が折れそうになりながらも闘いの時間を過ごしている人も少なくないと思いますが、それを少しでも軽減するために寝る前にはパソコンやスマホは早目に切りあげてみないようにするとか、朝起きた時に部屋のカーテンを開けて太陽の光を身体全体に浴びるとか目覚めて布団の上に座ってかカーテンを開けた窓の所で目線をやや上に向けて腕を上に伸ばして背伸びをするなどの工夫をすることで快適に過ごすことができるようになります。

治療にかかる平均的な価格

すぐに治れば良いのですがうつ病になってしまったら慌てずゆっくり治療することになりますが、その時に心配なのは治療費です。 これは風邪や蕁麻疹等のように2〜3回程度の通院で治るというものではなく、時間がかかるだけでなく、その人によってどれだけかかるのか 誰もわからないのが現状です。 ですが、初めてうつ病を疑ったりおかしいと感じて診察を受ける場合には診察料と2週間分の処方される薬代を合わせて全額負担であれば平均で1万円程度になりますが、次からは再診となるので初診料とは違い再診の診察料と2週間分の薬代を合わせて全額負担であれば平均で8千円程度になり、これが診察をうけるたびにかかることになりますので、月に2回の通院であれば平均的には1万6千円程が月に医療費として必要になってきます。

Menu